ドッグフードなどに酸化防止剤は必要なのか真意を探る

ドッグフードの袋の中を見ていると酸化防止剤と呼ばれるものが入ってるケースがあります
でもそれって本当に必要なの?と疑ってしまいますよね

基本的に酸化防止剤はドッグフードに含まれない方が良いです
それは、酸化防止剤は愛犬の体調を崩してしまうものが含まれていることがあるから

それではなぜ酸化防止剤が含まれている?

ドッグフード自体が酸素などと触れると
酸化しやすい形状にあります
その為、すこしでも品質を落とさない為に酸化防止剤を入れることがあります
ただ、それとは裏腹に、体調を崩すリスクが出てくるので
愛犬家の間では有難迷惑の存在となっているのが
酸化防止剤なのです

 

酸化防止剤を入れるよりも大事なこと

ドッグフードを参加させないためにも
1日でも早く使い切ること
保管する場所を直射日光高温多湿などの場所を避けることを心がけてください

 

ドッグフードを食べた後は
DrWANDEL(ドクターワンデル)などでお口のお手入れもしっかりしておきましょう

 

 

関連記事
DrWANDEL(ドクターワンデル)を最安値でお試しチャンスのトップページに戻ります

TOPへ